RTX1210 auひかりで IPv6

取り敢えず基本的な設定だけ(auひかり電話 契約)
基本はFletsの時と同様
-> http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/FAQ/FLETS-HIKARI-NEXT/ipv6_ipoe.html


auのHGWの設定を
DHCPv6サーバー設定
設定2[RA:プレフィックス配布 DHCPv6:プレフィックス/IPv6アドレス配布]
に設定して

RTX1210のconfigに以下を追記
LAN1 : Local
LAN3 : WAN
の使用法の場合

ipv6 prefix 1 ra-prefix@lan3::/64
ipv6 lan1 address ra-prefix@lan3::1/64
ipv6 lan1 rtadv send 1 o_flag=on
ipv6 lan1 dhcp service server
ipv6 lan3 dhcp service client ir=on
dns server dhcp lan3

dns server dhcp lan3 に関しては、IPv4の設定として dns server 指定しているの意味がない
IPv4dns server設定しているのなら不要
端末にGoogle Public DNSでも登録すればいいか

上記設定後に

# show ipv6 address lan1
LAN1 scope-id 1 [up]
 Received:    744 packets 66036 octets
 Transmitted: 65 packets 7067 octets

 グローバル     2001:xxxx:xxxx:1::1/64 (lifetime: 298/298) <- グローバル表記があれば問題無くIPv6を取得できている
 リンクローカル fe80::2a0:deff:fef2:c46e/64
 リンクローカル ff02::1/64
 リンクローカル ff02::2/64
 リンクローカル ff02::1:ff00:1/64
 リンクローカル ff02::1:fff2:c46e/64

# show status ipv6 dhcp

DHCPv6 status

  LAN1 [server]

  LAN3 [client]
    state: established
    server:
      DNS server[1]: 2001:xxxx:xxxx:4::1 <- DNS Serverが通知されている
      DNS server[2]: 2001:xxxx:xxxx:4::1

上記のようになればOK

RTX12x0 Zabbix Template

LLDのDiscovery Rule使って
Admin Status Onになっている、 LAN / Tunnel / PP 全てを拾ってくるテンプレート作成

取り敢えずこれ適用しとけば、Tunnel / PP 追加しても自動で Item作成して、グラフまで作成してくれると

RTX1200/RTX1210 Zabbix 3.x Template

VMware ESXi 6.7.0 Patch適用

10/2付けけでESXi 6.7.0 Patchがリリースされていたので
ESXi670-201810001.zip (Build 10176752)

  • ESXi-6.7.0-20181004001-standard
  • ESXi-6.7.0-20181004001-no-tools

今回の修正はこれだけか
意外と少ないな

VIBs Installed: VMware_bootbank_esx-base_6.7.0-0.23.10176752, VMware_bootbank_vsan_6.7.0-0.23.10176752, VMware_bootbank_vsanhealth_6.7.0-0.23.10176752
VIBs Removed: VMware_bootbank_esx-base_6.7.0-0.20.9484548, VMware_bootbank_vsan_6.7.0-0.20.9484548, VMware_bootbank_vsanhealth_6.7.0-0.20.9484548

PHPのアップデートを実行したら、Zabbixが見られなくなった・・・

環境としては
CentOS 7 + Zabbix Server 3.4 + MySQL 5.7 + PHP 7.3 rc + Nginx 1.15
となかなか、変わった環境

NginxとPHPのアップデーターがあったので
そのままアップデートした所
まず 404 Not Found

Nginx の /etc/nginx/conf.d の下を default.conf を削除してdefault.confを使用していなかったのだが

# ls -la /etc/nginx/conf.d/
total 12
drwxr-xr-x 2 root root   73 Oct  5 04:37 .
drwxr-xr-x 3 root root  177 Oct  5 04:21 ..
-rw-r--r-- 1 root root 1093 Oct  3 00:25 default.conf
-rw-r--r-- 1 root root 1410 Sep 21 04:34 zabbix.conf

アップデートのタイミングで default.conf が追加されていた

取り敢えず default.conf を default.conf_org に mv して回避

したら、今度はPHP-FPMでエラーが発生

[error] 974#974: *1 FastCGI sent in stderr: "PHP message: PHP Fatal error:  Uncaught Exception: Cannot start session. in /usr/share/zabbix/include/classes/core/CSession.php:50

どうやら、PHPのUpdateのタイミングで権限が変更になっているっぽいので

# ls -l /var/lib/php/
total 0
drwxrwx--- 2 root apache  6 Sep 25 20:51 opcache
drwxrwx--- 2 root apache 84 Sep 25 20:51 session
drwxrwx--- 2 root apache  6 Sep 25 20:51 wsdlcache

ビンゴ!! Apacheではなく、Nginxを使用しているので root:apache ではなく、 root:nginx に変更
念の為、上記ディレクトリ以下も確認

# ls -lAR /var/lib/php/ | more
/var/lib/php/:
total 0
drwxrwx--- 2 root apache  6 Sep 25 20:51 opcache
drwxrwx--- 2 root apache 84 Sep 25 20:51 session
drwxrwx--- 2 root apache  6 Sep 25 20:51 wsdlcache

/var/lib/php/opcache:
total 0

/var/lib/php/session:
total 0
-rw------- 1 nginx nginx 0 Oct  4 01:07 sess_21gf0hq3fo848eg6vl18tg3tlc
-rw------- 1 nginx nginx 0 Oct  4 01:08 sess_4r9i7nvbncol0ul7n59hdp2m72

/var/lib/php/wsdlcache:
total 0

/var/lib/php 直下だけ変更すれば大丈夫そう

# chown root:nginx /var/lib/php/*
# ls -l /var/lib/php/
total 0
drwxrwx--- 2 root nginx  6 Sep 25 20:51 opcache
drwxrwx--- 2 root nginx 84 Sep 25 20:51 session
drwxrwx--- 2 root nginx  6 Sep 25 20:51 wsdlcache

Nginx と PHP-FPMを再起動

# systemctl restart nginx
# systemctl restart php-fpm

これから Nginx と PHPのUpdateのたびに、設定変更必要なのか・・・

Zabbix 3.x & RTX1200/1210 PP/TUNNEL対応 Template

RTX1200 と RTX1210 で Tunnel I/FのOIDが違うので
その辺も含めて一緒くたにした Zabbix の RTXテンプレートを作成してみた


PP や TUNNEL I/F まで包括したものがなかったので Items だけ登録しているので
使用している機種や環境によって Item をDisableにして貰えれば


あと、Trigger も登録はしていないので、その辺は好きな閾値で設定してください


というか、RTX1210では確認できたけど
RTX1200の TUNNEL I/F の確認が出来てない(リプレースして外したので)
誰か適用して間違ってたら教えて (≧Д≦)y-~~


<前提条件>
RTX1200 / 1210
・タグVLANを使用していない
・LAN1分割機能を使用していない
snmp yriftunneldisplayatmib2 on
YAMAHA Private MIBをZabbixに導入済み

RTX1200
・Rev10.01.32以降

基本は YAMAHAのサイトの インターフェース対応リストから拾ってきてポチポチしただけなので
OIDの番号と名称変更すればI/F増加させるのも簡単かと

RTX12x0 Zabbix Template

<2018/10/14 追記>
LLDを使用した新しいTemplate作成したのでこちらは削除
tkx.hatenablog.jp

RTXの Tunnel I/FをZabbixで監視する

RTX 1200/1210 (RTX12x0) は標準設定では、SNMPで Tunnel I/Fの転送量を監視できないので
設定変更を行い監視できるようにする

ちなみにTunnel I/Fの番号は、先の記事参照

1. RTX12x0の設定変更
# snmp yriftunneldisplayatmib2 on

Zabbix Server で Tunnel I/F番号が見えるようになっているか確認

# snmpwalk -v 1 -c public <RTX12x0のIP> -m /usr/share/snmp/mibs/yamaha-rt-interfaces.mib.txt ifTable

余談だけど、設定変更前にも実行しておくと、どんなI/Fが見えるようになるか判るのでお薦め
2. ZabbixにTunnel I/Fの ifInOctets と ifOutOctets を登録

指定すべき I/Fは機種と環境にもよるので、その辺はヤマハのサイトで確認して欲しい

# snmpwalk -v 1 -c public <RTX12x0のIP> -m /usr/share/snmp/mibs/yamaha-rt-interfaces.mib.txt ifDescr
実行すれば、一応名称でてくる