CUSCO LSDの違いについて

NCP91にCUSCO LSDを投入しようとした所
昔からあるLSD111型番と、NCP91/NCP131 RS専用 LSD901型番が併売されていたので
CUSCOに電話して違いを聞いてみた

NCP91/NCP131はデフにスピードメーターギアがなくなったので
LSDの容量アップ(ディスク面積の拡大)が出来るようになったとのことで
LSD901型番はディスク直径が拡大したようで

ディスク直径は以下

LSD111
Dサイズ (6インチ以下?)
LSD901
Cサイズ (6.7インチ)

メーカー的にも、特段要件がなければ LSD901型番を推奨しているとの事
(そもそもNCP91に投入するのに、昔の車種に次の時入れる要件まずないだろうけど)

当然ディスク容量増えるので
効きも上がるし、同じ程度の効きで走行するなら摩耗も少なくライフタイムが伸びるということで

万年筆 古典(没食子)インクの洗浄法

最近、また万年筆を買ってみたものの
やはり以前と同様に染料インクの耐水性の悪さにげんなり

それじゃあってんで
古典(没食子)インクを購入してみようかと思ったのだが
単なる水にポチャンの洗浄では完全に汚れが落ちないしなあと悩んで
色々調べた所、KWZ Inkのページで面白いモノを発見

Vitamin C (ascorbic acid), – if the rinsing with solution of dish-washing liquid did not give satisfactory results, adding to the water with dish-washing liquid ascorbic acid (which may for example come from crushed tablets) and rinsing the pen with this solution several times, should remove any residues of Iron Gall inks from fountain pen.

アスコリビン酸(ビタミンC)溶液に漬け込めばいいらしい
(これ相当放置しておいた場合で、通常は水ポチャで十分洗浄可能らしい)

今のご時世、コンビニでビタミンCサプリなんて幾らでも売っているので
その辺の買ってきて溶液を作ればいけそうだなと

ちなみに没食子インクで有名なのは
プラチナ万年筆 ブルーブラック INK-1200#3

ペリカン ボトルインク ブルーブラック 4001/76
だけど、俺はプラチナ ブルーブラックが好きな感じかな(レビュー見るに)

Thunderbird 60.x + IMAP + さくらインターネットの組み合わせ

ローカルでメールを管理しているとPC飛んだ時や
PCの入替の時にメール移行が面倒臭いのでIMAPに切替えた

のは、いいのだが
今使っている某メーラーIMAPでは相性が悪く色々と使いにくかったので
幾つかのメーラーを使ってみて、最終的に Thunderbird に落ち着いた
Thunderbird使うの10年ぶり位?)

評判の良かった em Client も使用してみたが
自分の使い方では以下が合わなかったので、断念

  • Free版では、2アカウントまでしか登録できない
    • Gmail含めて4アカウントほど一元管理している
  • Google Calenerとの連携が微妙
    • Calenderのコメント欄への書き込みがHTML固定

特に後者の HTML固定がどうにも使い勝手悪すぎた

現時点で最新の、Thunderbird 60.7.1 を導入し
さくらインターネットGmailの設定をしたのだが
さくらインターネットの一部のフォルダーだけが巧く見えてこない

IMAPの欠点というか、仕様として
クライアントとメールサーバーのフォルダマッチングが希にダメな時があり
Thunderbirdさくらインターネットでは巧くマッチングできない模様

具体的には

  • 送信済み
  • 下書き
  • ごみ箱
  • 迷惑メール

そもそも見えてこないので、アカウント設定のフォルダ設定をしようにも出来ず
色々ごちゃごちゃやったので、自分用にメモ

1.さくらインターネットのアカウント作成後、アカウントを右クリックし [購読] を選択
2.以下のフォルダーを選択
Draft : 下書き
Send : 送信済みフォルダー
Trash : ごみ箱
Spam : 迷惑メール
3.以下のフォルダーを選択から外す
Junk
Trash - Spam
4.購読設定終了後にフォルダが見えてくるので、今度はアカウント設定を開く
5.以下のフォルダーマッチングを行う
サーバー設定で、ごみ箱フォルダー
送信控えと特別なフォルダーで、送信済みトレイと下書きフォルダー
迷惑メールフィルターの設定で、迷惑メールフォルダー

上記で問題無く使えるようになった
この辺はIMAP Serverとの組み合わせだからしょうがないかな~

ただ、考えてみたら
アカウント -> サーバー設定 -> 詳細で [購読しているフォルダーのみ表示する] のチェック外せばいいだけじゃないかと _no

アジャスティングボルト アライメント調整

TOYOTA Vitzのフロントキャンバー調整用のアジャスティングボルト情報

xCP1x系だと

90105-14146
ボルト径 13mm +-15度
90105-14147
ボルト径 12mm +-30度

xCP9x系だと

90109-15002
ボルト径 13.9mm +-15度
90109-15003
ボルト径 13.3mm +-30度
90109-15004
ボルト径 12.4mm +-45度

MIBファイルの定義間違い

snmpのverによっても解釈違うのかもしれないけど
メーカー純正 MIBファイルで OBJECT Errorとかホント勘弁してほしい _no

ちなみに
Ruckus Standalone_AP_MIBs_for_release_100.1.0.0.432.zip

環境的には
CentOS7の環境に Zabbix & snmpが導入されている
(今回Verは関係ないので未記載)

/usr/share/snmp/mibs に 標準mibが格納されており
/usr/share/snmp/private-mibs を作成し、Yamahaから Ciscoから色々放り込んだ状況で
RUCKUSのmibを追加

/etc/snmp/snmp.confを

# cat /etc/snmp/snmp.conf
MIBDIRS /usr/share/snmp/mibs:/usr/share/snmp/private-mibs
MIBS all

こんな感じで新規作成してある

余談だが
最初 /usr/share/snmp/mibs の下に private とディレクトリ切ってみたが
読み込んでくれなかった
どうやら指定ディレクトリ直下しか舐めにいかない仕様のようで

そもそも
YAMAHA RTのsnmpを確認しようとコマンドを実行した所

# snmptranslate -On YAMAHA-RT-INTERFACES::yrIfPpInUtil
Did not find 'ruckusCommonDHCPModule' in module RUCKUS-ROOT-MIB (/usr/share/snmp/private-mibs/RUCKUS-DHCP-MIB.txt)
Unlinked OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPMIB ::= { ruckusCommonDHCPModule 1 }
Undefined identifier: ruckusCommonDHCPModule near line 23 of /usr/share/snmp/private-mibs/RUCKUS-DHCP-MIB.txt
Expected "(" (_): At line 363 in /usr/share/snmp/private-mibs/RUCKUS-WLAN-MIB.txt
Should be ACCESS (VLAN-ID): At line 363 in /usr/share/snmp/private-mibs/RUCKUS-WLAN-MIB.txt
Bad parse of OBJECT-TYPE: At line 363 in /usr/share/snmp/private-mibs/RUCKUS-WLAN-MIB.txt
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPClientExternalRenew ::= { ruckusDHCPClientExternal 1 }
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPClientExternal ::= { ruckusDHCPObjects 2 }
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPClientInfo ::= { ruckusDHCPObjects 1 }
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPClientEntry ::= { ruckusDHCPClientTable 1 }
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPMIB ::= { ruckusCommonDHCPModule 1 }
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPClientTable ::= { ruckusDHCPClientInfo 1 }
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPClientLeaseTime ::= { ruckusDHCPClientEntry 4 }
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPClientSubnetMask ::= { ruckusDHCPClientEntry 3 }
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPClientIPAddress ::= { ruckusDHCPClientEntry 2 }
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPClientHWAddress ::= { ruckusDHCPClientEntry 1 }
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPClientEvents ::= { ruckusDHCPMIB 2 }
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPObjects ::= { ruckusDHCPMIB 1 }
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPClientExternalRenew ::= { ruckusDHCPClientExternal 1 }
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPClientInfo ::= { ruckusDHCPObjects 1 }
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPClientExternal ::= { ruckusDHCPObjects 2 }
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPClientEntry ::= { ruckusDHCPClientTable 1 }
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPMIB ::= { ruckusCommonDHCPModule 1 }
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPClientTable ::= { ruckusDHCPClientInfo 1 }
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPClientHWAddress ::= { ruckusDHCPClientEntry 1 }
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPClientIPAddress ::= { ruckusDHCPClientEntry 2 }
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPClientSubnetMask ::= { ruckusDHCPClientEntry 3 }
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPClientLeaseTime ::= { ruckusDHCPClientEntry 4 }
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPObjects ::= { ruckusDHCPMIB 1 }
Cannot adopt OID in RUCKUS-DHCP-MIB: ruckusDHCPClientEvents ::= { ruckusDHCPMIB 2 }
.1.3.6.1.4.1.1182.2.3.9.1.25

こんな感じにエラーを出力

エラーメッセージどおりに RUCKUS-ROOT-MIB を確認すると
ruckusCommonDHCPModule OBJECT IDENTIFIER ::= { ruckusCommon 7 }
コメントアウトされていたので修正

# diff -u /usr/share/snmp/private-mibs/RUCKUS-ROOT-MIB.txt /tmp/mibs/RUCKUS-ROOT-MIB.txt
--- /usr/share/snmp/private-mibs/RUCKUS-ROOT-MIB.txt    2019-04-09 05:09:41.443429407 +0900
+++ /tmp/mibs/RUCKUS-ROOT-MIB.txt       2015-07-21 00:49:52.000000000 +0900
@@ -48,7 +48,7 @@

 ruckusCommonWLANModule OBJECT IDENTIFIER    ::= { ruckusCommon 6 }

-ruckusCommonDHCPModule OBJECT IDENTIFIER    ::= { ruckusCommon 7 }
+-- ruckusCommonDHCPModule OBJECT IDENTIFIER    ::= { ruckusCommon 7 }

 ruckusCommonPPPOEModule OBJECT IDENTIFIER   ::= { ruckusCommon 8 }

次にコマンドを実行すると

# snmptranslate -On YAMAHA-RT-INTERFACES::yrIfPpInUtil
Expected "(" (_): At line 363 in /usr/share/snmp/private-mibs/RUCKUS-WLAN-MIB.txt
Should be ACCESS (VLAN-ID): At line 363 in /usr/share/snmp/private-mibs/RUCKUS-WLAN-MIB.txt
Bad parse of OBJECT-TYPE: At line 363 in /usr/share/snmp/private-mibs/RUCKUS-WLAN-MIB.txt
.1.3.6.1.4.1.1182.2.3.9.1.25

今度はMIBファイルの "_" がオカシイと言われたので確認

# diff -u /usr/share/snmp/private-mibs/RUCKUS-WLAN-MIB.txt /tmp/mibs/RUCKUS-WLAN-MIB.txt
--- /usr/share/snmp/private-mibs/RUCKUS-WLAN-MIB.txt    2019-04-09 05:06:45.132691458 +0900
+++ /tmp/mibs/RUCKUS-WLAN-MIB.txt       2015-07-21 00:49:52.000000000 +0900
@@ -360,7 +360,7 @@
     ::= { ruckusWLANEntry 50 }

 ruckusWLANOption82Subopt1 OBJECT-TYPE
-    SYNTAX INTEGER {IF-Name-VLAN-ID-ESSID-AP-Model-AP-Name-AP-MAC(1),
+    SYNTAX INTEGER {IF-Name_VLAN-ID_ESSID_AP-Model_AP-Name_AP-MAC(1),
                        AP-MAC-hex(2),
                        AP-MAC-hex-ESSID(3),
                        ESSID(4)}
@@ -376,9 +376,9 @@

 ruckusWLANOption82Subopt2 OBJECT-TYPE
     SYNTAX INTEGER {Client-MAC-hex(1),
-                       Client-MAC-hex-ESSID(2),
+                       Client-MAC-hex_ESSID(2),
                        AP-MAC-hex(3),
-                       AP-MAC-hex-ESSID(4),
+                       AP-MAC-hex_ESSID(4),
                        AP-MAC(5)}
     MAX-ACCESS read-write
     STATUS current

合計3カ所の "_"を修正しました _no

TANAX 接続バックルサイズ 2019年3月

前回から更新分も含めて

Kifco(Nifco) TSR25
MP-303 KシステムベルトT25
MFK-102 キャンピングシートバッグ2
MFK-101 フィールドシートバッグ
MFK-233 ミドルフィールドシートバッグ
MFK-139 Wデッキシートバッグ
MFK-200 シートザック
MFK-044 オールウェザーシートバッグ
MFK-142 エアロシートバッグ2
MP-124 接続バックル
MFK-256 タフザックSQ25
MFK-255 タフザックSQ15
Kifco(Nifco) TSR20
MP-302 KシステムベルトT20
MF-4624 キャンピングシートバッグ
MFK-100 ミニフィールドシートバッグ
MFK-240 シェルシートバッグGT
MFK-238 シェルシートバッグMT
MFK-236 シェルシートバッグSS
MFK-096 スポルトシートバッグ
MFK-109 シートカウルバッグ
MFK-114 フラットシートバッグ
MF-4622 スモールリアバッグ
MF-4625 システムタンクバッグ
MP-105 接続バックル



バックルサイズさえ合えば、Kシステムベルトの取り付けはいけるかな(自己責任で


ミニフィールドシートバッグ + KシステムベルトT20の組み合わせで使ってます

CBR250RR MC22 インチアップ完了

正直キャリパーは、NISSINだろうがBremboだろうが、34/30mmと性能的にはほぼ一緒なのでどちらでもよかった
ただし、インチアップキャリパーアダプターがBremboしかなかった _no

左がインチアップ前 NISSIN、右がインチアップ後 Brembo
https://i.imgur.com/OCiXzNc.jpg

ボルトサイズは
マウンティングボルト : M10×25 P1.5
ブリーダーボルト : M10×P1.00

ブレーキパッドは
Project u ハイパーカーボンパッド改 BP-117K

ローターは
サンスターKC-501Hあたりが使えるので
サンスター スプロケット/ブレーキディスク

流用可能主要車種は以下

車名 型式 年式
HORNET MC31 1996-2007
VTR MC33 1998-2017
CB400FOUR NC36 1997-2001
CB400SB NC39 2005-2007
CB400SF VTEC/II/III NC39 1999-2007
CB400SF VTEC Revo NC42 2008-2013
CBR400RR NC23 1988-1989
RVF NC35 1994-2000
VFR400R NC30 1989-1993
VFR750F RC36 1994-1997
CBR900RR SC28 1994-1995
CBR900RR SC33 1996-1997
VTR1000F SC36 1997-2007

Catalyst 2960Lの初期設定

ファンレス Ciscoスイッチの Catalyst 2960L 8Portをゲットしたので
初期設定

Would you like to enter the initial configuration dialog? [yes/no]: no
Would you like to terminate autoinstall? [yes]:

対話形式での初期設定なんぞしないので no で抜ける

ホスト名の設定

Switch>enable
Switch#configure terminal
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
Switch(config)#hostname Cat2960L
Cat2960L(config)#

管理インターフェース (vlan1)の設定と起動

Cat2960L(config)#
Cat2960L(config)#interface vlan 1
Cat2960L(config-if)#ip address 192.168.10.254 255.255.255.0
Cat2960L(config-if)#no shutdown
Cat2960L(config-if)#

各インターフェースの状態確認

Cat2960L(config-if)#do show ip int brief
Interface              IP-Address      OK? Method Status                Protocol
Vlan1                  192.168.10.254  YES manual up                    down
GigabitEthernet0/1     unassigned      YES unset  down                  down
GigabitEthernet0/2     unassigned      YES unset  down                  down
GigabitEthernet0/3     unassigned      YES unset  down                  down
GigabitEthernet0/4     unassigned      YES unset  down                  down
GigabitEthernet0/5     unassigned      YES unset  down                  down
GigabitEthernet0/6     unassigned      YES unset  down                  down
GigabitEthernet0/7     unassigned      YES unset  down                  down
GigabitEthernet0/8     unassigned      YES unset  down                  down
GigabitEthernet0/9     unassigned      YES unset  down                  down
GigabitEthernet0/10    unassigned      YES unset  down                  down
Cat2960L(config-if)#

取り敢えず面倒臭いので一旦全I/Fを起動

Cat2960L(config)#
Cat2960L(config)#interface range gigabitEthernet 0/1-10
Cat2960L(config-if-range)#no shutdown
Cat2960L(config-if-range)#

時刻及び時刻同期設定

Cat2960L#
Cat2960L#show clock
09:23:14.911 UTC Sun Feb 24 2019
Cat2960L#configure terminal
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
Cat2960L(config)#
Cat2960L(config)#clock timezone JST 9
Cat2960L(config)#
Cat2960L(config)#ntp server 210.173.160.27
Cat2960L(config)#do show clock detail
18:25:44.551 JST Sun Feb 24 2019
Time source is NTP
Cat2960L(config)#

enableにパスワード入力するように設定
passwordで設定するとconfig見るとモロ見えになってしまうので注意

cat2960(config)#enable secret <password>
cat2960(config)#

FiemwareのUpgradeは過去にあるのでそっち参照
telnet / http / https の禁止と、ssh の設定は後程

Diablo3 メモ

Nintendo Switch版の Diablo3を買ったのだが、説明がなさ過ぎて全然判らん
取り敢えず装備については、ランク 70上げてレジェンダリー拾うまでは、ゴミというのは判った(ぉ


後は、一回ストーリークリアしてランク70上げるまでが、チュートリアルというのも判った(ぉおお


装備について色々あちこみ見て回ったので自分用に纏めてみた


各部位で、その部位でしか付与されない属性がある

部位 クリティカルヒット率 (CC) クリティカルヒットダメージ (CHD) 移動速度 ソケット
武器 - - -
手袋 - -
肩当て - - - -
- - - -
- -
腕甲 - - -
腰帯 - - - -
下衣 - - - -
ブーツ - - -
アミュレット -
リング -



そして、各部位で重要視する項目は

部位 メインステータス 追加ダメージ クリティカルヒット率 (CC) クリティカルヒットダメージ (CHD) 防御力 全耐性 ライフ回復/s 移動速度 ソケット必須
武器 - - - - - -
手袋 - - - - - -
肩当て - - - - -
- - - - -
- - - - - -
腕甲 - - - - -
腰帯 - - - - -
下衣 - - - - -
ブーツ - - - -
アミュレット - - - - -
リング - - - - -



移動速度については、パラゴンと合わせてMAX +25%みたいなので後には不要になると


メインステータスはクラスによって違うが

メインステータス クラス
筋力 バーバリアン / クルセイダー
敏捷性 デーモンハンター / モンク
知力 ウィザード / ウィッチ・ドクター